これより自然界に入る!

生物に「どうしてお前はそうなんだ?」と問いかける。

社会

私、やっぱりキャンプ嫌いです。

自然と人間社会は境界線があるのか キャンプ、やっぱり嫌い。 なぜかというに自然との一体感が得られない。 現代の文明の利器をフル活用して大層な装備を車で運んでまでフィールドに出る意義を見出せない。 キャンプとは日常生活から飛び出すための方法だと…

スポーツ&キャンプ用品を買う人はもう少し自分で調べたほうがいい。

はじめてのキャンプ入門 (ブルーガイド・グラフィック) 作者: 月刊ガルヴィ編集部 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2016/03/10 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 登山入門 (ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書) 作者: 野村仁 出版社…

小売りの現場は人手不足なのに経営陣は危機感がなさすぎるという事例

店長とスタッフのための 売場づくり 基本と実践 (DO BOOKS) 作者: 福田ひろひで 出版社/メーカー: 同文舘出版 発売日: 2015/01/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 社員の方が録画された会議の様子を事務所で観ていたところか…

魚を飼いたいという人に質問したいこと。

(写真提供自分。アクアテラリウム。これを片付けたら、その裏からクロゴキブリの卵鞘、つまり卵を見つけました) 目次 ●はじめに ●時間 ・明日が仕事でも、不測の事態に即座に反応し、徹夜で作業に取り掛かる覚悟はあるか?・毎日世話する時間を、確保する…

観光資源のバイカモに関して言いたいことがある

●バイカモってなに? (上2つは、滋賀県米原市醒井の地蔵川。写真元は醒井養鱒場HP) バイカモはキンポウゲ科の水中で育つ多年草。 水温14度前後の清流で育つことから、自然繁殖している場所は限られています。 調子が良ければ5月ぐらいから小さな白い…