読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動植物を愛でる

生物に「どうしてお前はそうなんだ?」と問いかける。

我が家のカメに石が投げられたらしい。

わたくし個人 爬虫類

記事目次

事後と対処

悪意はないはず

野外飼育はトラブルが多い

 

事後と対処

 

 仕事から帰ってきて妹が教えてくれました。

注意すると「はーい」と素直にやめてくれたらしい。

私が現場にいたら反射的にボコボコにしていたでしょう。

だからある意味、私が帰る前でよかったのかもしれません。

 

 近所の人たち(子どもも含めて)によく見られるマスコット的存在だっただけにショックです。

近所の子どもなら「触らせてください!」と駆け寄ってきてくれます。

おそらく他所の子だと思います。

 当初怒りのあまり、プラスチックの植木鉢に

「カメに石を投げるな!○すぞ!」と書いてしまいました。

後で「カメに石を投げるな!」に訂正しました。

これでわかってくれたらいいのですが……。

 

 

悪意はないはず

 

 落ち着いてみると、子どもの気持ちもわかります。

善悪関係なく投げ込んだと思います。

私も虫をイジメていた子ども時代があるので、多少なりとも気持ちを察します。

触れられないモノの反応を見るには遠距離からアプローチするしかありません。

石はどこにでもある、アプローチに適したものです。

しかし私は飼われている生き物をイジメたことはありませんでした。

自然にいる生き物は、勉強のためなら解剖しようが何をしようが誰にも叱られませんから。

 

 

野外飼育はトラブルが多い

 

 外で生き物を飼っていると往々にしてよくあることです。

私のカメは一度誘拐されそうになっていますし。

また私ではありませんが、野外飼育していたメダカを盗まれた人などがいるとか。

高い錦鯉・メダカなどを養殖している業者なら防犯設備を施すくらいです。

園芸をされているなら植物を勝手に切られたり、枯らされたりするそうです。

 だから私の夢は、大きな土地を柵で囲って園芸も飼育ものびのびとすることです。

自分の大好きなことは邪魔されたくない。

自分のアイデンティティにも関わることですから、当人の本気の意地・力を発揮することになるでしょう。