これより自然界に入る!

生物に「どうしてお前はそうなんだ?」と問いかける。

小売りの現場は人手不足なのに経営陣は危機感がなさすぎるという事例

 

店長とスタッフのための  売場づくり 基本と実践 (DO BOOKS)

店長とスタッフのための 売場づくり 基本と実践 (DO BOOKS)

 

 

 社員の方が録画された会議の様子を事務所で観ていたところから始まる。

ゴワゴワとしたおっさんの声が事務所に響く。
「現場は人手不足だ人手不足だと言うが……(云々)なんとかやっている」
経営陣(?)はやっぱり現場を知らないんだな、と思った。
 
 私のところはサッカー、野球、テニス、バドミントン、バレーボール、ランニング、キャンプ、登山と多岐にわたるポーツ用品が販売されている。
 で、夜になると本当に人がいない。
夕方に主婦陣が退勤すると、それ以降は基本的に4人で回している。
1人は確実にレジだ。
 だから3人でその他のスポーツの担当を兼任することになる。
これを人手不足と言わずしてなんであろうか。
他3人が全員接客していたら接客を待たなけれなならないのだろうか?
どう考えてもおかしい。
「3人:8つのスポーツエリア」がイコールなわけがない。
上は勘定の仕方がわからないらしい。
 
 
 

人手不足だと思う理由7つ

 私は「なんとかやっている」は完全に人手不足だと思っている。
その理由を主張する。
人手不足だと何が起こるか。
現場レベルでは以下のことが思いつく。
  1. 商品知識の不足した店員による接客
  2. 商品があるかどうかの判断がつかないことによる販売機会の損失
  3. 品出しの遅れによる荷物の山積と販売機会の損失
  4. 店員の不安感増大と日常的負担
  5. 大企業にありがちな丸投げ
  6. ハイセンスな面構えを維持できない
  7. (質的に)意識高い系の人と低い人の二極化
 
 
1、商品知識の不足した店員による接客
 これは最悪お客様のケガや病気の原因にもなる。
また返品や交換によるレジの負担が増える。
店員はしどろもどろになるし、お客様はそれを見て店全体を評価する。
 
 
2、商品があるかどうかの判断がつかないことによる販売機会の損失
 私もやってしまったことがあるが、専門外の商品があるかどうか聞かれてそのスポーツのコーナーを探してもなかった。
だが後であるとわかったパターン。
 担当がいない場合は最悪店全体を探す。
お客様を待たせるのは必然になる。
社員の方も全ての商品を把握しているわけではない。
 
 
3、品出しの遅れによる荷物の山積と販売機会の損失
 担当でないスポーツコーナーの商品を勝手に品出しするわけにいかない。
既に同じ商品があれば品出しは可能だが、いつもそうであるわけではない。
人手がほしいのは季節ごとの新商品が品出しに加わるときだ。
防犯防止のセンサーを付けるにも手間がかかる。
しかもそれが足りなくなることもある。
売り場確保のためにも什器を組まなければならないときもある。
 
 
4、店員の不安感増大と日常的負担
 こんな経験がないだろうか。
  • 靴を買いに来たのに、希望のサイズを店員が見つけるのに時間がかかりすぎている。
  • 質問をしたら「少々お待ちください」と言われてどこかへ消えて数分待たされる。
 こういうときは店員も不安だ。
それが日常的に続けばある程度対応力が身に付くが、売り場を大きく変えるのはその売り場の担当者だ。
いつの間にか変わってるなんてこともよくある。
情報交換を成功させるためには知識レベルが近いことが求められる。
 
 
5、大企業にありがちな丸投げ
 売れない商品が大量に入ってきたことがあった。
メーカーは言わないがメッセンジャーバッグだ。
そんな商品を優先して大きな売り場を作って売りさばくなんてできない。
無意味だし自殺行為だ。
結局段ボールに詰め直して裏の棚に封印した。
また裏が段ボールだらけになったということだ。
 契約上仕方ないかもしれないが、売り場面積が拡大されるか半額レベルに値引きされないと売れないだろう。
現場は「鬱陶しいもの投げんなクソが」と本気で思っているし、口にも出している。
チェーン店で日常的にこんなことされたら溜まったもんだじゃない。
 山積みにするしかなくなるし、お客様が気軽に商品を取れない。
来たなら仕方ないとして商品を陳列すると、悪い意味でゴチャゴチャした感じになってしまう。
 
 
6、ハイセンスな面構えを維持できない
 人手不足により発生する問題で個人的に一番危惧しているのがこれだ。
店員がいろいろ作業しているのを見たことがあるだろう。
値段のシールを張ったり、什器を組み立てたり。
大抵平日に行けばやっているのを見られると思う。
 うるさかったり、物が邪魔だったりしないだろうか?
なぜお客様がいるところで作業しているかというと、いつでもお客様の対応ができるようにするため、らしい。
人手不足でなかったら裏で作業するのが良いと思う。
音量的、物理的にお客様への迷惑を最小限にするにはそうするしかない。
接客と作業を役割分担するのだ。
 しかもこれには副次効果がある。
言い方は誤解を招くかもしれないが「如何にして仕事してない風を装うか」といい解決にもなる。
小奇麗に見えるし、売り場でゴミが散乱することもないからだ。
高級品店で段ボールやバラバラになった什器が置かれているのを見たことがあるだろうか?
ほとんどの人は「ないかも?」と予想する。
 また作業している人に声をかけずらいという人はとても多い。
「すみません……大丈夫ですか?本当に?…あ、すいません。トレッキングポールで聞きたいことがあるんですけれども…」
みたいな。
ここで店員が「すみませんが作業中なんで後でお願いします」って言えるわけがない。
お互い申し訳ない。
上にいるスーツ組はこういう機微に気づいていない。
だから「なんとかやっている」なんてことが言える。
問題があり続けていることを指摘できないんだ。
 
 
7、(質的に)意識高い系の人と低い人の二極化
 「私が頑張らないと」
趣味を通じて知識があって、業務もこなせる人はそう考えざるを得ない。
また業務にはそれを行える人が決まっていることが普通だ。
例えば現金管理、レジでの特殊な業務(返品、交換など)がそうだ。
逆にそれを許されていない人は「しなくていい」
だから「しなくていい」というパイが少しずつ大きくなる。
電話にも出ない。
「どうせ知らない内容だろうから、最初から知ってる人が出ればいい」
これはアルバイトによくあてはまる。
 でもアルバイトの中には社員並みにほとんどのことができる人も確かに存在する。
結果、お客様が少ないときでも忙しい人と談笑し合うアルバイトの二極化が生じる。
また全員がスポーツが好きで働いているわけではない。
これは地方ほど顕著だろう。
 
 
 

人手不足の感じ方

 以上から私が考える人手不足とは、単に上が考えている売上に貢献できないほどの状態の人手不足というわけではない。
「お客様に気持ちよく買い物してもらうだけの人員が確保できていない」という意味での人手不足なのだ。
 これは売上が全ての上と、売上が昨年対比で100%越えを達成しても時給が上がることも一時金がもらえることもない現場との違いにより生じている。
企業にありがちな典型例というわけだ。
 
 
 

上はおかしい

 寄り道だが、なぜかうちの上は「新商品」「クリアランス」などを景品表示法の関係から表示として出すなというお達しがあったらしい。
だったら他の小売りからもその文言が続々と消えないとおかしい。
完全にガラパゴス化の方向に行ってる気がする。
これって会社が潰れる兆候の一つでもある。
本で読んだよ。

山、行ってきた。霊仙山(2017/10/10)トレラン

 霊仙山。滋賀県が誇る鈴鹿山脈最北の山である。*1

 

  • 標高:1094m。
  • 実行日:2017/10/10
  • 登山ルート参考文献:『山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹(2017年版)』と『新・分県登山ガイド 24 滋賀県』とトレランブログ。
  • コース:柏原駅~柏原登山道~経塚山~霊仙山~お虎ヶ池~榑ヶ畑登山道~醒ヶ井養鱒場~醒ヶ井駅である。*2
  • 車か徒歩か:榑ヶ畑コースは林道終点に駐車スペースがある。頑張れば10代くらいはいけそうだ。ただし、連休明けの平日にもかかわらず車は3台止まっていた。休日やシーズンは路肩駐車でいけるかもわからない。また柏原コースの林道終点は駐車スペースはほぼない。全てのコースを徒歩で行くなら電車は絶対に始発がいい。なお今回の山行スタイルはトレラン。
  • 体力は?:今回はトレランスタイルだったので、通常登山の場合はわからない。20km平地ランニングを完走できるレベルなら楽しくトレランできるはずだ。
  • 出合った登山客。女性単独、高齢者2人男性、成人夫婦?、男性単独、男性単独、男性単独の計8人。人気の山だけあってとても人が多い。自分だけ山域に入るなんてことはないだろう。ちなみにその時は全員が榑ヶ畑コースから入山していたようだった。
  • ヤマレコID:私のiphone6は30分で命が尽きるようになったので記録できていない。

歩きなら7時間ほどかかる山行計画が、トレランにより4時間30分*3*4ほどで終えることができた。

よって写真はほとんど撮ってない。

 

 さてまずは柏原登山道だが、ヤマレコのルートを信じてはいけない。

どう考えても登山道でないところに入ってしまった。他にも私のような人がいたのであろう。

たくさん頑張った痕跡があった(笑)

霊仙山は人気の山。

急斜面でロープもない。

ミスをすれば登ってきたところを滑落する。

そんな道なわけがない。

もし私のような人がいたら、迷わずコンクリートの林道を進もう。

林道は水が流れており、かつ草が繁茂している。ヤマビルに注意。

f:id:onbullshit:20171010225803j:plain

しばらくするとトレイルに入り、1合目の看板が現れてホッとするはずだ。

 

 2合目、有名な2本杉。

f:id:onbullshit:20171010222151j:plain

 

人が3人ほど輪になってようやく囲める大きさだ。

その横にこんなのがあった。

f:id:onbullshit:20171010222348j:plain

 

ノースフェイスのベストタイプのジャケットがかかってあった。

状態は良し。

心当たりのある方は取りに行ってほしい。

神の思し召しを…と頭がよぎった。

だが私はベスト型のジャケットは嫌いだし、ノースフェイスも食わず嫌い?なのだ。

 

 柏原登山道は6合目から靴幅4足分くらいの狭い巻き道が混じる。

トレランするなら注意したい。

3回ズルっとなった。

 

以降撮った写真をテキトウにあげていく。

f:id:onbullshit:20171010222821j:plain

f:id:onbullshit:20171010222912j:plain

f:id:onbullshit:20171010222932j:plain

f:id:onbullshit:20171010224308j:plain

f:id:onbullshit:20171010222955j:plain

f:id:onbullshit:20171010223012j:plain

f:id:onbullshit:20171010223027j:plain

f:id:onbullshit:20171010223044j:plain

 

どうだろう?私は伊吹山よりも絶景だと思う。

伊吹山だと街並みがまるわかりになるだけだ。

霊仙山は上記のように山の連なりが姿を現す!

異世界のようだった。

 

 私は通常、山は2回くらい行けば十分かな~と思っている。

飽きやすいので。

でもここは繰り返し来よう。

そう思った。

カルスト台地万歳。

 

 榑ヶ畑登山道は柏原登山道に比べて大変走りやすい。

滑るので注意は必要だ。

林道まですぐ、というところで山小屋。

営業していれば霊仙山バッジが購入でき、コーヒーも飲めるらしい。

また無人で飲み物が売られていた。

少し山価格である。

f:id:onbullshit:20171010224504j:plain

f:id:onbullshit:20171010224532j:plain

 

 私はCCレモン(200円)を購入。

わざとかどうかはわからないが、適度に炭酸が抜けてて丁度良かった。

ここには有料トイレもある。

 

 あとは林道を走って醒ヶ井駅まで行くだけだ。

醒ヶ井と言えば清流だ。

醒ヶ井駅に隣接する道の駅には紫外線殺菌された水が飲み放題だ。

ラーメンやうどん、タコ焼きなどを食べてもよい。

600円あれば大体食える。

f:id:onbullshit:20171010224939j:plain

 

 以上である。

歩いてなら道中は同じ景色が続くかもしれない。

だが9合目まで行けば絶景である。*5

1000m級でここまでの景色を見せてくれる山は大量にあるわけではない。

近場にお住まいなら後悔はないはず。

クマには注意ですが。

 

f:id:onbullshit:20171010225415j:plain

走って泥だらけ~

 

 

山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹 2017 (登山地図 | マップル)

 

 

 

分県登山ガイド 24 滋賀県の山

分県登山ガイド 24 滋賀県の山

 

 

*1:山の一部は岐阜県になる

*2:榑ヶ畑=くれがはた、醒ヶ井=さめがい、と読む。

*3:初めてだったのでウロチョロした。真剣にタイムアタックすればサブ4も可能かもしれない。

*4:時間計算は『山と高原地図 御在所・霊仙・伊吹』2017年版による。

*5:その景色がシカの食害に遭ってクマザサが枯れた、という背景があるが。

アダーナン・フィン『駅伝マン 日本を走ったイギリス人』

 

駅伝マン──日本を走ったイギリス人

駅伝マン──日本を走ったイギリス人

 

 

目次

プロローグ

第1章 謎だらけの日本の長距離界

第2章 ロシア経由、日本への旅路

第3章 不思議の国ニッポン

第4章 和をもって駅伝となす

第5章 最初の難関

第6章 大学陸上部の練習に参加してみた

第7章 ライバル心と団結心

第8章 日本の伝統的な走り方

第9章 人はなぜ走るのか

第10章 初めての駅伝観戦

第11章 琵琶湖駅伝を走ってわかったこ

第12章 背が低いという日本人の劣等感

第13章 国際色豊かな千葉駅伝の秘密

第14章 ベアフットランニングとの出会い

第15章 日本の学校とスポーツの関係

第16章 全日本大学駅伝を密着取材

第17章 北嶺大行満大阿闍梨との出会い

第18章 実業団チームの「秘密」

第19章 日本式の練習方法はもう古い!?

第20章 日本のクリスマス

第21章 箱根駅伝で垣間見た「ランナー道」

第22章 「河内優輝」という生き方

第23章 実業団ランナーの務め

第24章 最後の駅伝

第25章 古郷イギリスから見た日本の風景

第26章 エキデン・メン

謝辞

 

本記事目次

青い背表紙

アポなし取材は大変だ

日本のスポーツ問題

 

青い背表紙

 

以下の本を読んで影響を受けた方は、図書館や書店のスポーツコーナーにある青色の背表紙に飛びつくようになったのではないだろうか?

  •  『BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の走る民族』
  • 『EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅』
  • 『NATURAL BORN HEROS 人類が失った野生のスキルをめぐる冒険』

 

 ということで今回の書、『駅伝マン 日本を走ったイギリス人』も手に取ってみた方も多いだろうと思う。

 

・『BORN TO RUN(省略)』は人類は獲物を走って捕らえるために走る能力を手に入れた、という説を提唱して世界中で議論が巻き起こった。

 

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"

 

 

 

・『EAT&RUN(省略)』は『BORN TO RUN(省略)』で登場した上記の仮説を、スコット・ジュレクというウルトラランナーの人生とミックスさせた。

走るために生まれたという壮大さと一人の人生が語られることによって、不思議と感動的になっている。

 

EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

 

 

 

・『NATURAL BORN HEROS(省略)』はまだ読んだことがないが、『BORN TO RUN(省略)』と同じ作者だし、紹介文を見る限りは走るというテーマからは離れずに「人間の秘められた可能性」へ舵を切ったと思われる。

いつか読む予定だ。

 

ナチュラル・ボーン・ヒーローズ 人類が失った“野生

ナチュラル・ボーン・ヒーローズ 人類が失った“野生"のスキルをめぐる冒険

 

 

 

アポなし取材は大変だ

 

 さて、そんなことから私は『駅伝マン(省略)』も読んでみたのだが少し内容が違う。

日本の駅伝の凄まじいタイムに驚愕したと同時に、なぜ日本人は長距離ランナーで結果を残す人が少ないのか?

ハーフマラソンの記録で日本は他を圧倒している例を挙げている。*1

ガーディアン紙の編集者兼フリーのジャーナリストである著者は興味を惹かれ半年間日本に家族そろって滞在することを決意する。

本書はその生活記録と取材記録を収録したものだ。

 よって人類とか人生とか、そういう壮大な話は本書に登場しない。

タイトル通りで、駅伝に出場する選手と指導者にクローズアップされている。

 目次を見ると千日回峰行の満行者も取材することに成功しているが、たった1回の取材であり内容は全く濃くない。

それに千日回峰行の人たちは大抵歩きだ。*2

 同じように『BORN TO RUN(省略)』も引き合いに出されるがぶっちゃけ本当に小出しにされるだけだ。

なんだか本書は商業チックなものを感じる。

いや、ジャーナリストだから仕方ない。

それに事前にアポを取っての渡航ではなかったのもあって、重厚な取材とはいかなくなっている。*3

 

日本のスポーツ問題

 

 本書でより心に残ったのはやはり日本のスポーツ界の著しいまでの伝統だ。

そこもしっかりスポットをあてられた。

例えばピッチ走法(歩幅を小さくする走法。短足の日本人に合っているとかなんとか)を推す指導者が多いらしい。

アフリカ人やエチオピア人などは、ピッチ走法とは真逆のストライド走法(歩幅を大きくする走法。負荷が大きい)だ。

 日本人にはピッチ走法をする市民ランナーが大量にいるが、ストライド走法とどっちが合っているかは個人差であり、人種差によって決まっているわけではない。

勉強しながら走っているランナーならわかると思うけど、ストライド走法のほうが気持ちがいい。

スピードもでる。

私もストライド走法をするために筋トレとかしている。

ピッチ走法はズルズルと疲労していくし、ダルい、気分も乗らない。

ピッチ走法は好きではない。

 スポーツは外国人のほうが優れているという劣等感も多少はあるだろう。

だが体を支えているのは骨、腱、筋肉、神経…etcだ。

身長とか肩幅とかではない。

 

 また体罰問題も取り上げられている。

これには私も覚えがある。

本書では選手の自主性が重要視されているが、それに必要なのは指導者がなぜこの練習をするのかという説明をすることだ。

登場する日本人指導者はそのやり方で結果を残していた。

 私は柔道部に属していたが、説明なんて何もなかった。

文化祭があったときは22時まで練習だった。

そのときの練習時間は約5時間だ。

主に寝技、打ち込み、乱取り、筋トレの順番だった。

ヘトヘトの状態からさらに筋トレである。

一度それで、ハンガーノックになったことがある。

体内の糖分が空っぽになって体が動かなくなる症状のことだ。

家に帰ってすぐ、気絶に近い状態で倒れこんだ。

次の日も同じメニューの部活である。

それで成長できるだろうか?

 また体罰も受けたことがある。

ビンタだったらしい。

らしいというのは、ビンタが速すぎて私はよくわからなかったのだ。

自分の首が急に左を向いたというのはよく覚えているが。

 さてそんな毎日でモチベーションを実感できるだろうか?

サボれる時を探すようになる。

自分の成長なんて感じられない。

感じるのは強制された苦しみ、ただそれだけだ。

それでいて指導者は言う、「頭が良くないとスポーツは上手くならない」

間違ってはいないが、それで自分を振り返れないのは愚かだ。

 本書に登場するアフリカ勢ランナーは言う。

  • 「日本人は練習しすぎだ」
  • 「長距離練習が多すぎる。スピード練習が全く足りない」

これは柔道でもよくあることだと共感する。

ひたすら息が上がり続ける練習しかない。

自分の体の動きをしっかりと意識する機会なんて全く与えられないのだ。

しゃしゃり出るが、日本のスポーツ界に足りないのは

  1. 効率性の重視
  2. 指導者による説明責任
  3. できるなら個人別のメニュー。それが無理なら効果別の種類豊富な練習メニュー

である。

それを阻んでいるのは協調性重視の日本のスポーツの伝統だ。

だが逆にそれこそが日本のスポーツを感動へ導いている。

皮肉な話だ。

私は本書を読んでそう思った。

*1:2013年、フルマラソンで2時間14分切りをしたイギリス人はゼロ。対して日本はその年に25人が2時間14分切りをしたという。

*2:それでも1日に60kmは歩く。厳しいことに変わりない。

*3:事実取材は何度も断られたようだし、駅伝をしたいという望みは叶わなかった。イギリスに戻って実践したようだ